無垢材を使った注文住宅

ホームへ戻る > 無垢材を使った注文住宅

風土、事情を熟知している工務店
機密性を重視した構造や省エネを考慮したシステムなどが注目
省エネルギーを実現する高性能住宅への取り組み
オール電化住宅
地元ならではの建築メリット、アフターフォロー

自然自然、エコ、健康に良い・・というキーワードで無垢材を使った注文住宅に注目が集められています。兵庫県で注文住宅を建てる方は無垢材を取り扱う工務店も多数あります。自然に恵まれた兵庫県丹波の山里にある工務店が、兵庫の無垢材を使って建てる注文住宅は、評判も上々です。こういった地元の工務店では、大工が基礎から、建てた後のアフターケアまでを全て責任をもって行ってくれるので安心です。

多くの大手工務店、住宅メーカーでは大工を外注することが多いのです。地元の工務店では、大工とお客様とで話し合いを重ね、責任もってお客様の思いを形にしていってくれるのです。そのため、こだわりの大工の育成、匠の技の伝承も大事にしています。宮大工もしたことがある棟梁を先頭に、若い職人たちに地域の技は確実に受け継がれてきています。

兵庫県で家を建てるならば、兵庫県産木材利用木造住宅に対して、特別融資制度というものがあります。兵庫県内の木材を使って建てれば、兵庫県と一般金融機関が融資してくれるというものです。

本素材によって出来た家は香りも良く、心地よさを手で足の裏で心で感じられる家です。もちろん壁や塗料などには和紙や無垢材をしようしているので、シックハウス症候群やアレルギー性の病気の原因になるものを発することはありません。長く家族とともに成長していける家なのです。