風土、事情を熟知している工務店

ホームへ戻る >  無垢材を使った注文住宅  > 風土、事情を熟知している工務店

福島福島は東北地方の一番南に位置すると言えど、寒さの厳しい土地です。

また自然がまだたくさん残されている土地でもあります。そんな福島で家を建てるなら、まず土地の風土をよく知った、地元の工務店を訪れることをお勧めします。工務店をお勧めする第一の理由は地域に密着しているからです。福島の風土、事情を熟知している工務店ならば、自分の希望をかなえつつも、必要と思われる設備や家作りに取り入れておいた方がいいと思われる提案もしてもらえるでしょう。

まず、工務店を数社選び、設計、見積もりを出してもらいましょう。数社選んでおくと、比較しつつ検討できるからです。数社から一社に絞ったら、詳細を決めていきます。この点、工務店ならばさまざまな相談に丁寧に応答してくれるでしょう。実際の設計、施工計画、見積もりをだしてもらって、その後に契約するのが一般的です。

費用は工務店にもよるかもしれませんが、多くの場合、着工時、中間(上棟時)、最終竣工時と3回に分けて支払うようです。支払いだけでなく、家作りの進め方も、工務店によって違うと思われますから、事前に詳しく確認して進めることをお勧めします。情報収集は住宅雑誌や住宅展示場、工務店の実例など回るとよいでしょう。その上で自分の建てたい家のイメージを固めて行き、外装、インテリア、間取りなどの詳細を相談されるとよいでしょう。