風土を考慮した構造の家

ホームへ戻る >  経済効果、環境やエコなど様々な分野への影響効果も期待  > 風土を考慮した構造の家

岩手は、夏暑く冬寒い印象があります。

夏と冬の気温の差が大きいので、岩手の一戸建てには、それぞれの季節を快適に過ごす為の機能性が求められるのではないでしょうか。

特に、画一的な作りのマンションとは異なり、一戸建ては、それぞれの地域に合った住まい方が可能なので、個性的かつ機能的な家作りが可能です。私自身、マンションから一戸建てに移り住んだ経験がありますが、まず結露がないのには驚きました。

自然素材を重視した木の家は、過ごしやすく快適です。岩手で一戸建てを建てる際にも、その風土を考慮した構造の家にすることが、健康で心地よい家作りのポイントといえるでしょう。一戸建てを建てる経験は、ほとんどの方が初めてではないでしょうか。間取りや資材などの決定事項も多く、予算や期間などの制約もあるでしょう。大きな買い物の為、迷いやこだわりなど悩みはつきません。一戸建てを新築する際には、やはり信頼できるハウスメーカーや工務店が頼りとなりますので、岩手を熟知したグッドパートナーを見つけることが大切です。私の依頼した工務店も、出来る限りの要望に応えてくれ、また必要なときには的確なアドバイスを指摘していただいたので、常に冷静な判断で家作りを進められたのも幸いでした。