分譲を中心に行っている業者を選ぶことがポイント

ホームへ戻る >  経済効果、環境やエコなど様々な分野への影響効果も期待  > 分譲を中心に行っている業者を選ぶことがポイント

長崎は坂の街といわれるほど傾斜地の多い街です。異国情緒にあふれた山の手エリアや中華街、日本三大夜景が美しい稲佐山など観光地としても人気があります。

この街の不動産ですが、傾斜地には車で侵入することができない土地も多く、港方面から傾斜地を見上げると山に張り付くように一戸建てが無数に立っており、市民の約7割がこのような傾斜地に住んでいるといわれています。

地形は「すり鉢型」で、周囲を山に囲まれており、山の手に向かうほど坂や階段が多く道幅が狭く曲がりくねった道がほとんどです。そのため車が道に入れなかったりする場所もあります。長崎での交通手段は路面電車や路線バスが主ですが、地元では山の手よりも路面バスから徒歩5分圏内の物件などは人気があります。

長崎の不動産の特徴は、同じ地区でも現地の状況で一戸建て宅地の不動産価格は大きく異なる場合があります。そのため宅地の購入を検討する場合は、地元の不動産業者の中でも特に一戸建てや土地の分譲を中心に行っている業者を選ぶことがポイントになります。

もしくはこちらのような賃貸の不動産会社に相談するのも良いでしょう。

また、自分の足で実際にその場所の交通や利便性・環境などを何度も確認することも重要です。これは不動産物件購入の基本で全国共通ですが、特に長崎のように特殊な地形の地域では細心の注意が必要となります。