プラークの付着する位置の違い

ホームへ戻る >  矯正歯科の数が増加  > プラークの付着する位置の違い

プラークの付着する位置の違い渋谷駅は、JR東日(山手線、埼京線、湘南新宿ライン)東急(東横線、田園都市線)東京メトロ(銀座線、半蔵門線、副都心線)京王電鉄(井の頭線)が乗り入れています。渋谷駅には待ち合わせ場所として有名な忠犬ハチ公の銅像があり、この改札口をハチ公口といいます。センター街やパルコへ向かう渋谷公園通り、SHIBUYA109や東急百貨店へ向かう文化村通り、道玄坂方面へ向かう際にはこの改札口が出口になります。

渋谷駅の西北側は、繁華街として若者中心の店が多いのが特徴です。又、大きな店舗が多く、西武、ロフト、パルコ、東急ハンズ、東急百貨店、マルイシティ、Bunkamuraなどが立ち並んでいます。歯周病は歯に付着したプラークが原因となって、歯肉部分が腫れたり出血したりして起こる病気です。成人の80%の人が歯周病になる程、発症率が高く、歯の成人病とも言われています。このプラークの付着する位置の違いによって、プラーク内に繁殖する菌も違ってきます。歯肉縁上プラークは、歯の見えている部分に付着したプラークの事を言い、軽い歯周病である歯肉炎の原因になります。歯肉縁下プラークは、歯周ポケットの中に貯まったプラークの事を言います。歯周ポケット内にあるプラークなので、肉眼では確認できません。