ミュータンスと呼ばれる細菌

ホームへ戻る >  歯茎や顎の骨も健康に  > ミュータンスと呼ばれる細菌

ミュータンスと呼ばれる細菌大手町とは、城の城郭の大手門付近にある地名が由来とされています。日本全国には北は北海道から南は鹿児島まで大手町と付けられた地域が50箇所あります。一番有名なものに、東京の大手門があります。現在は日本の経済の中心地として丸の内とともに政府系金融機関・大手銀行・商社・マスコミの本社等が集積する地域であります。この大手町には。様々な人々の健康を支えている領域のなかに歯医者が存在します。歯の病気の2大疾患はむし歯と歯周病であります。歯医者の先生曰く、日本人の成人の約80%が罹患し、初期の状態では殆ど自覚症状が無いために発見がかなり遅くなり、ある程度進行してしまうと完全治癒する事が難しくなってきます。そうならないためには、歯医者での歯周病のための定期検診を行なう習慣を身につけることであります。これはむし歯の予防とも同じであります。

では虫歯とはどんな状態のことを言うのかは、ミュータンスと呼ばれる細菌が産出する酸によって歯が溶かされ、穴が空いたまたはそのような状態になっている個々の歯のことを指します。歯周病と同じく初期の状態では全く自覚症状がないために気づかずに進行してしまいます。健康維持のために定期的な歯医者での健診が今後更に必要です。