歯磨き粉について

ホームへ戻る >  なぜ水を買う人が増えているのか  > 歯磨き粉について

歯磨き粉について歯磨きをする際に欠かせないのが歯磨き粉。ドラッグストアやスーパーで購入している人も多いでしょう。その際に、歯磨き粉の内容にこだわっている人がどれだけいるでしょうか。価格や製品の知名度を決めている人も多いように思えます。


この歯磨き粉は大きく3種類に分類することができます。それぞれ種類によって内容や効果が異なってくるのです。わたしたちが日ごろ身近に使用しているのは化粧品に分類されるもので、研磨剤をおもな成分として作られています。目的は歯の汚れを落とし、清潔な状態を維持すること。


この一般的なタイプ以外にも種類はあるのです。歯科医院などでも売られているもので、医薬部外品として分類されるもの。こちらは歯の汚れを落とすだけでなく、口内の健康状態の改善を目的とした薬用成分を含んでいるのが特徴です。

たとえば歯肉炎などの炎症を防ぐ、虫歯の進行を遅らせるといった成分です。これらの薬用成分はしっかりとした効果の裏づけが必要となるため、国の承認を得たうえで医薬部外品として扱われているのです。口内のトラブルに悩まされている人が使用するほか、歯科医師から勧められる場合もあります。


3つ目は医薬品に分類されるタイプ。こちらはドラッグストアなどで市販されておらず、歯科医院でのみ入手できるものです。おもに歯肉炎や歯周病の治療に使うもので、トラブルの改善と治療を目的に作られており、明確な効果を持っている点が特徴です。


とくに化粧品と医薬部外品の分類は重要になってくるでしょう。歯科医院で定期健診を受けた際には歯磨き粉についてのアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。